読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中まふぃんのゆるゆる日記

転勤(北海道)生活と旅行や不妊治療のこと等をゆるく書いています

レヴェナント:蘇えりし者

田中まふぃんです。前回の続きを書こうと思ったのですが、昨日ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』を観に行ってきたのでそのことを書きたいと思います。私は小学生くらいからレオナルド・ディカプリオのファンだったので、今回彼がその作品で念願のオスカーを獲ったことがとても嬉しかったです!!

しかも作品は前回の『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『バベル』の、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督です。前作のバードマンでもオスカーを獲っていましたが、今作も楽しみで楽しみで。。前情報を全く入れずに、行ってまいりました。
 
 
f:id:maphin:20160512084751j:image
 
(ディカプリオ演じる)アメリカの西部開拓時代を生きた実在の罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルの旅を描いています。
 
あらすじ
1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。チームのひとり、ヒュー・グラスはネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追う。(wikipediaより引用)
 
スクリーンから、血の匂いが漂ってきそうなほど血生臭い映画でした。冒頭ディカプリオが熊に襲われるシーンがあるのですが、そこがやたらと長い。。観てるのがただ辛かった、てかよく死ななかったなぁ。。そのあともとにかく辛いことばかりたて続けに起こります。。
息子のホークを目の前で殺されるシーンは、本当に辛くて見てられなかった。。(ちなみにディカプリオ演じるグラスは熊に喉を掻き切られ前半は殆ど話せない、そして動けないのです。。)
 
そして、グラスは息子の敵を討つためとにかく必死で前に前に進んでいくのですが、生きるために生魚をそのまま食べたり、草を食べたり。バイソンの生肉を食べるシーンがあったのですが、本物みたいに見えて何で作っているんだろう、と思って調べてみたところゼリーで作った物があったにも関わらず、ディカプリオの希望で本物の生肉を使ったらしいです。。。一口食べたあと、ちょっと吐いちゃうんですけどそれも演技じゃなくて本物のリアクションだったんだな。。。
あとは大自然の中で撮影された映像も圧巻でした。(自然光だけで撮影されている)
それにしても血がとても多く流れるし、156分、本当に辛い時間でした。。。笑
でも最後には希望もあったし。。これでディカプリオ、オスカーとれてなかったらさすがに辛かったけど。。圧倒的な演技で最後は涙が止まりませんでした、もう1度映画館で観たいと思います!

 

 

ちなみにこの作品を子供の時に観てディカプリオファンになりました!